スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
堀江由衣 秘密 「堀江由衣、ここに極まり」
2012-06-15 Fri 23:32
おはよう、こんにちは、こんばんわ



今回はこの作品です。



秘密秘密
(2012/02/22)
堀江由衣

商品詳細を見る








ではどうぞ!






堀江由衣-Coloring- full PV 投稿者 thhf00102




 堀江由衣は声優である。だが彼女の場合、声優業だけに留まる活動をしているわけではない。今作含めた音楽活動も10年は数え、コンサートで魅せるコスチュームプレイ、過去作品のモチーフでいえば「アリス」のような、「永遠の少女然とした」キャラクター像を常に持ち合わせ、多岐に渡るイベントをこなしてもいる存在だ。彼女は、役を演じることが非常に好きなのだろうと思う。その姿を見れば、昨今のミュージシャンが「アーティスト」と呼ばれ、自分自身の個性とはなんぞや?と自問と自答を繰り返し、絞り出すように作品を生み出すのとは、まるで逆に居しているようにも僕には見える。


 そんな人間が、2年7か月ぶりのアルバムを発売する、しかもタイトルは『秘密』だというのだから、正直驚いてしまう。安易な期待が胸をよぎる、素の堀江由衣が露わになるのかもしれないと。


 堀江自身の作詞を含め、作曲陣は11人、作詞陣は10人の大人数、編曲もバラバラだ。ギターポップの「Kiss to you」、「Coloring」は絶妙な軽やかさがあるエレクトロ・チューン、「True truly love」と「PRESENTER」はバンドサウンドとストリングスの組み合わせに映えたアレンジ、清竜人作曲の「インモラリスト」と「CHILDISH♥LOVE♥WORLD 」は激しい起伏と多く転調を用いた曲で、まるでメドレーのようにその顔をいくつも変えていく。堀江由衣の自身初作曲である「YAHOO」のシンプルかつ陽気なサウンドとはまるで異なっていて、ロックとエレクトロが中心のサウンドだが、非常に豊富なアレンジが聴けるアルバムだ。


収録時期が最も古いのはおそらく09年に発売された「YAHOO」であろう、3年間のブランクあるアルバムの内容と見れば、この1年の間に急ピッチで制作されたのでは・・・なんて経緯を想像してしまう。既発シングルをまとめるために作るならば、未だ発売されていないシングルコレクションを作れば良い、彼女のファンにも彼女を知らぬ人にも、そちらのほうが勝手が良いはずだ。


 なぜそうはしなかったのか、今作を聴くと、何かしらのテーマを意識することなく、恋多き女性像がくっきりと浮かびあがってくる。今作におけるイメージは「オトナカワイイ20歳前後の女性 」 だそうだ。彼女が築いてきた『17歳』像から離れるような予感もあるが、多くの作曲陣が生み出したそのイメージを演じきっている証拠でもある。
 そこに、長年培われてきた堀江由衣の役者/演技者としての力量の高さを感じずにはいられない、単なるシングルコレクションでは表せない「役者としての素」が露わになっている。声優アイドルの先頭に立っているのが、間違いなく彼女であると確信できる作品だ。















長い文を読んでもらってありがとうです
面白かったり、良かったなとか思ってもらえたら、拍手ボタンをよろしくです!

ではでは、また別の機会で読んでもらえたら嬉しいです!
スポンサーサイト
別窓 | 邦楽 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<Squarepusher Ufabulum 「プラスチックの行方」 | various music written | The Mirraz - 言いたいことはなくなった 「そして彼らは軽快に」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
おはよう、こんにちは、こんばんわ今回はこの作品です。秘密(2012/02/22)堀江由衣商品詳細を見るではどうぞ! …
2012-06-19 Tue 19:32 まとめwoネタ速neo
| various music written |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。